【競馬あるある】菊花賞の予想で参考にしたい1000万馬券とは!

菊花賞といえば3歳クラシックの最終戦。
淀の伝統、3000メートルのスタミナ勝負、出たとこ勝負(?)の大一番ですが、このレース、意外と分りやすい傾向があります。
それは、1000万勝ち馬が驚くほどよく勝つということ。
ここ10年に限ってみても、ほんとうにミラクルな走りを続けてくれたヒシミラクル、メルボルンCの勝ち馬のデルタブルース、スリーロルス、あと1000万勝ちの後に神戸新聞杯掲示板内を挟んでのソングオブウィンドとビッグウィークもあわせるととじつに5頭が1000万勝ったばかりでの勝利。
うち3頭に至っては本当に前走1000万勝ちという驚異の展開に。
ちなみに1000万勝ち馬が取れなかった残り5回の菊花賞にはディープインパクトとオルフェーヴルという3冠馬が2頭も入っているのがまたすごい。ものすごい落差を生んでいる。
1000万勝ち馬と3冠馬が勝つようなGⅠってほとんどない、というかいろんな意味もこめてこのレースしかない。
まさに3歳戦と長距離レースの綾としかいいようがない展開を見せている。
ただこの1000万勝ち馬の法則、狙うとなるとちと難しい。
というか菊花賞は毎年のことながら結構1000万勝ったばかりの馬がよく出走してくる。
皐月賞馬ゴールドシップが勝って変則2冠を達成した今年は3頭しかいなかったが多い時は5,6頭が出走してくる。
夏の上がり馬が強いというのも一つだし、長距離を嫌って早くからマイル路線や中距離(2000m前後)に路線を変えていく馬がいるからだ。
というわけで、分っていても当てにくいのがこの法則。
後はほとんど勘というかなんというか、サイコロでも振っているような気分で選ぶしかないのが実情である。
ただ当たればでかいのは当然の結果。
菊花賞ごとに今年は1000万勝ち馬がくるのか、来ないのかと予想しながら賭けるのもまた一興である。
でも最後にひとつだけ。
三冠を狙うような馬がいる時はまずこの法則は当てはまりませんので。
ネオユニヴァースが無念の3着で終わった時ですら、ラジオたんぱ杯勝ちでおまけにダービー3着の実績馬、ザッツザプレンティが着たぐらいですから。
そこだけはご注意を。