新潟競馬場で直線競馬を楽しむ

新潟競馬場。

新潟競馬場といえばシンボリルドルフの故郷…じゃなかった直線競馬。
いやどっちも合っているといえば合ってるんですけど。
というか直線競馬が始まってはや10数年。
長いですねー、結構。
つい最近始まったとばかり思っていたんですけど。
思えば一回目のアイビスサマーダッシュは始まる前から果たして全頭まっすぐにゴールまで辿りつけるのかとか、まっすぐに走れるのかとか、まっすぐどこを走るのかとかいろいろ言われてましたけど蓋を開けたら結構みんなまっすぐ走ったのでびっくりというオチでした。
なんかまっすぐをやたらと連呼してしまいましたけど、そういうわけでやっぱり新潟競馬場といえば直線レースなんですよね。
そういえばついででもうひとつ思い出した事が。
アイビスサマーダッシュが始まる前年に“競馬の神様”と言われていた大川慶次郎さんが亡くなったんですけど、一緒に予想番組で共演していた井崎脩五郎さんが開幕前の番組で「大川さんに見せたかったなぁ、直線競馬」といって涙ぐんでいたんですよね。
いやぁ、なんだかその放送を見ているこっちまでもすこしウルッと来てしまいましたよ、その時は。

まぁそんなこんなで直線競馬のことばかり長々と語ってしまいましたがただ前は違って、新潟競馬場といえば新馬戦が始まる競馬場というイメージだったんですよね。
正確に言うとシンボリルドルフという最強馬が新馬戦を走った競馬場、という肩書。
ということでやっと冒頭のシンボリルドルフの故郷という言葉が生きてくるわけで。
いやーここまで長かった。

それはおいといて新潟競馬場の基本データを。

新潟競馬場

〒950-3301
新潟県新潟市北区笹山3490
電話番号
:025-259-3141
開催日の営業時間
9:00~17:00

アクセス(電車・バスをご利用の場合)

  • JR新潟駅前から直通バスで約35分(競馬開催日)
  • JR新発田駅からバスで約35分(競馬開催日)
  • JR豊栄駅から直通バスで約20分(競馬開催日)

バスのアクセスはすべて(競馬開催日)という注釈がつくのでご注意。
ま、競馬開催日以外は中にも入れないので競馬場に行かれる方もほとんどいないとは思いますが。
ちなみに新潟空港からは車で20分とすぐそこの距離。
遠征競馬の方は飛行機&タクシーというのがいちばん楽かもしれません。

新潟競馬場地図


大きな地図で見る

新潟競馬場でオススメの食事どころはこちらです。

新潟競馬場のレストランとファーストフード

ことぶき屋
(中華)
一押しメニュー:元祖焼餃子
料亭 一〆
一押しメニュー:カツカレー
イタリア軒
一押しメニュー:デミカツ丼
新魚がし
一押しメニュー:和食一般
のぞみ会
一押しメニュー:豚汁

この他にもザボンの焼きそばとか軽食 大福のおにぎりとか福三のチキンバスケットとかいろいろあるんですがまとりあえずこんなところで。

さてさてそれでは最後に新潟競馬場所属の誘導馬。
なんといってもオースミグラスワン。
GⅠ新潟大章典を2006年と2008年の隔年連覇。
連続よりも珍しい一年明けての同一重賞の勝利ということで、これはもう当分打ち破られることのない記録でしょう。

  • オースミグラスワン:2006年、2008年新潟大賞典(GIII)
  • オウロプレット
  • カフェジャイアント
  • グリーンプレジャー
  • サーストンリンク
  • スーパージーン
  • テイエムファンキー

最後の最後に新潟競馬場への遠征時に利用したい便利なホテルを。
一番近いのは
旅館割烹 しかい

阿賀野川河口の橋のたもとにある好立地の宿。
日本海に沈む夕日も眺められる、川面に映る満月も楽しめるしかも競馬場に歩いて行ける(頑張れば)、言うことなしの好条件です。