競馬 予想 理論をまとめてみました

競馬は何が楽しいかっていえば、そりゃもちろん強い馬が強い競馬して勝つのを観るのも楽しいですが、一番の楽しみは予想。
どの馬がどういうレースをしてどんな風に勝つか。
これを当てるのが一番楽しいですよね。

もちろん一緒に戦ってきた鞍上、つまり騎手や育てきた牧場、レースを走れるように仕上げてきた調教師・調教助手、ひいては競走馬を買い取った馬主、それぞれのドラマを楽しむという路線もあるんですけどね。
やっぱり楽しみ方の本命は予想をする、そして当てるということですよ。
なんといっても競馬はギャンブルなんですから、賭けないと面白くない!

その予想を当てるということに関して一番大切なのが理論、つまり自分なりの予想のセオリーを持つということです。
その時々の勘に従って買っていって当たるという強運の持ち主も中にはいるらしいですが、普通は自分なりの競馬の予想の仕方、馬券予想のセオリーを持っていてそれに従って予想して、賭けて、当たったり外れたりしているものです。

今回はそんな競馬予想に役に立ついろいろな理論を、メジャーなものからマイナーなものまで、最後にはオカルトチックなものまですべて紹介していきたいと思います。

競馬予想理論イメージ

競馬を長年やってると正直、なんだか最近予想の精度が前より悪くなったなぁと思うことがあります(きっと)。
そんな時は思い切って自分が知らない予想体系、つまり理論を参考にしてみたらいかがでしょうか?
全面的に乗りかえるというわけではありませんが、私もなんどかいろんな理論を行ったり来たりしたりしたことがあります。
ま、それでも結局当たる確率ってそんなには変わらないんですけどね。
ただ負け率は極端に抑えることが出来るようになりました!
これ長い間ギャンブルをやっている人にはわかるんですが、とっても重要な事なんですよね。
かの雀聖ことギャンブルの達人 阿佐田 哲也さんも言ってました。
「勝てる時にはとことんまで勝って、勝てないときは負けない。それがギャンブルのセオリーだ」
…どこで言ってたかははっきり覚えていないのでアレナンデスガ、このようなことは間違いなく言っていたかと。

さて、前置きが長くなってきましたがここからは簡単にこの欄で紹介する理論を説明したいと思います。
詳細はそれぞれのページで説明するのでここではあくまでも概要だけを記述。
ま、それでもそれぞれの競馬予想理論がどんなものかはここだけで分かるとは思いますけどね。

競馬予想理論イメージ2

競馬予想のおもな理論

指数理論
競走馬の能力を一つの数字(指数)に置き換えて各馬のレースにおけるポテンシャルを比較・予想する理論
データ理論
予想に関係するデータをすべて比較して総合的に結果を導き出そうとする理論
血統理論
父や母父、または母系の血統特性を考慮してレースを予想する理論
ラップタイム理論
前走以前のレースラップの変化に着目してレースを予想する理論
着差理論
過去競争における各馬の着差関係が競走馬の力差であると考え予想する理論
調教タイム理論
レース前週や当該週の調教タイムや調子をみて予想する理論
ローテーション理論
競馬番組を使うローテーションが勝負における最大の肝と考え予想する理論
馬体・パドック理論
パドックでの当日の気配や馬体でレース展開を予想する理論
馬場適性理論
天候による馬場の状態やコース形態への適応能力で予想する理論
人脈・関係者理論
騎手や調教師、またはオーナーなどの競馬関係者の力関係で予想する理論
オッズ理論
オッズの変動から予想する理論
サイン理論
JRAの公式発表にレース結果が隠されているという信念をもとに予想をなんとか組み立てようとするオカルト理論
投資理論
競馬を投資と考えて全体最適化を第一に考えて馬券を買っていく理論

足りない、これは取り上げていないぞ!という理論があったらぜひご連絡下さい。
いろんな見方があってこその競馬ですから。
最終的に当たればいいんですよ、当たれば(笑)