馬券 税金のお話

というわけで馬券とは切っても切れないご縁の税金の話です。
え、馬券があたっても税金を払ったことはないって?
ま、それもそのはずで馬券で多少儲けても税金はあらかじめ控除されるようになっているのです。
つまり「そんなはした金からは税金なんて取らないぜ、畜生め!(何故?)」というわけなんですね、
…はい、ちょっと言い過ぎましたすみません。

もうちょっと真面目に解説すると競馬の儲けは税法上一時所得というものに分類されます。
この一時所得、競馬などの公営賭博で得た儲けや積み立て型保険の満期払い戻し金がおもに対象で、ようするに常にある儲けじゃなくてたまたまその時だけ儲けて収入がありました、という性格のものなんですね。
で、この一時所得は年間で50万円の控除があります。
ようは一年を通して50万円までの臨時収入には税金をかけませんよ、ということです。
というわけでようやく馬券の話に戻りますが、年間で50万以内の儲けだったら税金のことはまったく心配しなくていいんです。

はい、この時点で大多数の人がもはや関係のない話になりましたね。
各いう私も年間で50万儲けたことはありません。
せいぜい5万とか10万レベルでプラスになる年が数年に一度あるかなぁ?というぐらいです。

でも一応三連単で大荒れのレースを見ごと沈めたり、もしかしてWIN5ででっかく当てたりすることがあるかもしれないので50万以上当てた場合のこともすこし。
50万円を超えて一時所得が出るとその所得とそれ以外の通常の所得(サラリーマンの方は年間の給与)の合計金額で払う税金が変わってきます。
つまり一時所得の金額だけで払う税金の額が決まるわけではなく、一時所得+通常所得の合計に対して税金が掛かってくるんですね。
なので結局税金はいくらになるの?と言われれば、それはあなたのもらっている給与しだいですよ、という答えになります。
ちなみに給与額が高ければ高いほど、一時所得にかかる税金も高くなるように設定されています。
ま、もともと一杯給料をもらっているならちょっとぐらい一時所得で税金が増えても痛くもかゆくもないとは思いますが。

この辺りの詳しい事情は競馬(馬券)の税金と確定申告というページを見てもらえれば分りやすいかと思います。
すこし前に話題になった競馬予想ソフトで30億円を稼いだ(とはいっても馬券購入に28億円掛かっているので実質2億円ぐらいしか儲けは出てないのですが)会社員の裁判の解説なども載っているので馬券と税金の関係に興味がある方は一読された方がいいでしょう。

なにはさておき当たらないと税金とかまったく意味がないんですよね。
我々庶民馬券師は税金の事で杞憂するよりまずは馬券を当てることを悩んでいきましょう。