WIN5予想(京都記念・共同通信杯)-2012年

シンプルに。

京都10R
飛鳥S

シースナイプ。

東京10R
雲雀S

サクラゴスペル。

小倉11R
桜島S

クリュギスト。

京都11R
京都記念

ダークシャドウ。

東京11R
共同通信杯

ディープブリランテ。

WIN5予想(京都記念・共同通信杯)045

<追記:Win5結果>

あらためてこのWin5対象日の予想を見てみると後の古馬王道路線で究極の伏兵馬になるダークシャドウがいたり、この年の日本ダービーを勝つディープブリランテがいたり、この後短距離路線で暴れまわるサクラゴスペルがいたりと結構骨っぽい馬が並んでいる印象。

京都10R 飛鳥S 東京10R 雲雀S 小倉11R 桜島S 京都11R 京都記念 東京11R 共同通信杯
8番 オールザットジャズ 4番 サクラゴスペル 13番 アイファーソング 3番 トレイルブレイザー 3番 ゴールドシップ
単勝 1番人気 単勝 1番人気 単勝 3番人気 単勝 5番人気 単勝 2番人気

そして予想の段階では名前が上がらなかったけど、結果から逆引きしてみてみると実は皐月賞を制するゴールドシップが出ていたり、BCターフやドバイシーマCに出走することになるトレイルブレイザーがいたり、牝馬戦線でいぶし銀の走りを見せることになるオールザットジャズがいたりと、やっぱり面白いメンバーが走っていた一日だなと思えるわけで。

それにしてもやっぱり競走馬ってどうなるか分からないもので、正直この段階ではゴールドシップが皐月賞と菊花賞の変則2冠を制しさらに捲り一発で有馬記念も獲って、こりゃ当分この馬の時代だなぁと思ってたら突如お笑い馬並みに走らなくなることになったりするという予想は出来ないわけで。

ディープブリランテだってまさかまさかダービーを獲れちゃうような馬になるとは思っていないわけで。というかどちらかというと皐月賞獲れなかったら早めにマイル路線に的を絞っていった方がいいんじゃないか、とかまで言われてた(気がする)わけで。

やっぱり3歳のそれもクラシック前の馬のその後なんて全然予想が付かないわけで、でもそれが面白いといえば面白いんだなぁとあらためて感じたレース回顧でした。

それにしてもダークシャドウはこの時は今年はGⅠは確実に一個ぐらいとれるだろう、と思われていたわけですが結局、無冠。
というかどちらかというとこの後善戦マン街道をひた走りにひた走り、あまつさえ距離自体を短縮してマイル路線に殴りこんで返り討ち、という面白展開に。
ダークシャドウは中距離というか2000m前後のレースの方がやっぱり輝くと思うんですけどねぇ、個人的には。