読み込み中…

競馬を楽しむ準備はできた?

WIN5から単勝転がし、三連単までお任せ
必勝法を探してみよう!!!

東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII) 予想-2011(ディープブリランテ-ジャスタウェイ)

競馬仲間のO氏が言っていた。
「予想が一番簡単なレースは新馬戦。なにしろ未来のダービー馬と未勝利馬が一緒に走っているのだから」
確かに新馬戦=2歳のレースほど能力差の大きい馬が同じレースを走っていることはないと思う。ただ前述のO氏の言葉には重大なオチが抜けている。すなわち
「ただし、どの馬がダービー馬になるか2歳の時点で見極めることは不可能に近い」
というわけで、結局は今日もどの馬が未来のダービー馬かを今日も四苦八苦考えながら予想している。

東スポ杯といえばいつも早熟な本格派が出る、というイメージでいたが改めて過去の勝ち馬を見たらなかなかどうして古馬になっても大成した馬がいたのでびっくりした。
とくにここ最近はナカヤマフェスタやローズキングダムもここを勝ち上がっている。
ダービーが行われるコースというのはやはり特別なものがあるのかもしれない。

とりたんの競馬イメージ横004

前置きはこれぐらいに、とりあえず単勝予想。

ジャスタウェイ(8枠14番)を、とりあえず100円。

ディープ産駒で新馬圧勝勝ちのディープブリランテとデイリー杯2歳S勝ちのクラレント、もう1頭のディープ産駒のエネアドが気になるけど、今回はあえて新潟2歳Sを勝てなかったハーツクライ産駒を買い。理由は…特にない。直感のみ。
2歳戦はフィーリング勝負。

《結果》

1着、ディープブリランテ。ジャスタウェイ4着。
直線まで2番手につけていたブリランテがそのまま押し切り。
やはり2歳戦は難しい。

<2013年12月31日、追記>

2011年東スポ杯2歳Sで本命と対抗に推した2頭はその後、1頭は翌年のダービー馬になりもう1頭は翌々年の天皇賞馬になった。

というかまさかディープブリランテがダービーを獲るとは。
それ以上にまさかジャスタウェイが古馬GⅠ最高峰の天皇賞秋を勝てる馬になるとは。

ディープブリランテはダービー後、キングジョージ6世&クィーンエリザベスに挑戦(!)したのを最後に引退して種牡馬生活に。

ジャスタウェイは衝撃のGⅠ奪取後は次走未定。

とりたんの競馬イメージ横005

しかし分からないものである。
東スポ杯2歳Sは早熟な馬ばかり出る、と書いた年の出走馬からダービー馬と秋の天皇賞馬が出るとは。
特にジャスタウェイ。
馬主がアニメ銀魂の脚本家、大和屋 暁さんということでどちらかといえばお笑い系のイメージだったのがあれよあれよという間に天皇賞馬になるとは。
しかもあの稀代の名馬(名牝ではない、まぎれもない名馬だ)ジェンティルドンナを正攻法で負かしての戴冠である。
この次はもう春の天皇賞か安田記念辺りを目ざすのだろうけど、こうなったらどっちも勝ってしまって名馬ではなく稀馬(けいば)として歴史に名を残してほしいものである。