読み込み中…

競馬を楽しむ準備はできた?

WIN5から単勝転がし、三連単までお任せ
必勝法を探してみよう!!!

武蔵野S 予想-2012年(イジゲン)

ナムラビクター、イジゲン、ガンジスの3歳三羽ガラスが勢いそのままに押し切るか、それとも。
…それとも。
…それとも?

…対抗馬がいない。
というかもちろん挙げようと思えば、たとえばシルクフォーチュンやバーディバーディ、ダノンカモンといった古豪が挙げられるのだけれども、なんかこうもっとパンチが効いた対抗馬というかピリッとした相手というかそういう馬が古馬にいない。
そう思って改めて見渡すと大井のジャパンダートダービーで2着したもう一人、いやもう一頭の3歳馬のトリップ。
なにげに3歳クラシック完走馬でもあるので底力は十分あるような気がする。
それ以外では直近で勝利している唯二(もう一頭は前述したバーディバーディ)の古馬、アクティビューティがいるけど正直いま三ぐらい足りないような気がする。

武蔵野S 予想-068

ということで焦点は三羽ガラスのうち今回勝つのがどれかということなんだけど、当然一頭が勝てば残り二頭は負けることになる。
いや、同着になれば二頭勝ちで一頭負けになるのだけれども、ま、そういうものすごく低い確率についてはこのさい目をつぶっておくことにする。
で、どの馬が勝つかという話題に戻る。

ナムラビクター。
レパードSではイジゲンを突き放しての2着。
ガンジスも前走は2着に大差をつけての勝利だけど、ここ4走すべて1400以下しか走っていないのが気になる。
東京のダート1600は気持ち1850ぐらいの換算で見るのが正しい(当社比)。

ということでナムラビクター押しで。
枠も最内枠といいポジションを取れそうな枠だし、力通り走れば案外あっさり対抗2頭を落とせるのではないかと。
ま、走ってみないと正直わからないけどね。

武蔵野S 予想-069

<追記>

イジゲンが異次元の走りを見せて武蔵野ステークスを圧勝!
とか馬鹿の一つ覚えなキャッチなんですけど、本当にそうなんだからしょうがない。
ま、でも異次元の脚というほどのことはなく極々順当に勝ったレースだったというのが本当のところですが。

ただこの後イジゲン、勝っていないんですよね。
ジャパンカップダートもフェブラリーステークスも惨敗。
仕切り直しで挑んだ翌年の武蔵野ステークスも7着と振るわずちょっと残念なレースっぷりが続いています。

ガンジスもその後はオープンと重賞レースを行ったり来たりで勝ったり負けたりと不安定なレースが続いて、いまだGレースでの勝利はなし。

ナムラビクターに至ってはこのレース以降オープンしか走れていないという体たらく。

3頭とも期待しているので、もうちっとどうにかこうにかなってもらいたいものです。
勝手ながら。

https://www.youtube.com/watch?v=8k_DLRH0akI