読み込み中…

競馬を楽しむ準備はできた?

WIN5から単勝転がし、三連単までお任せ
必勝法を探してみよう!!!

スポーツニッポン賞京都金杯(GIII)予想-2012(マイネルラクリマ)

新年明けましておめでとうございますの重賞金杯。
なかでも京都金杯といえば年明け一発目の重賞で毎年よく荒れている、とまで書いたところでさっき予想を書いた中山金杯と同じような書き出しだなあとはたと気づく。
というか同じような書き出しになるのも当たり前で、どちらも年明け一発目のJRA重賞だし名前も金杯部分は同じで開催地の名前を取った中山と京都が違うだけ。距離は2000と1600と違うけど正直毎年どっちが2000でどっちがマイル戦だったのか思い出すにも苦労する始末。
双子の双生児、と書くと馬から落馬だがとにかく印象も含めてよく似ているレースである。
それに出てくるメンバーもよく似てくる、というかデジャヴを感じるメンバーである。
それもそのはずで両レースともなんでかやたらと前年の勝ち馬や好走馬が出てくる。ローテーの関係かはたまたJRAからの新年のご祝儀狙いか(そんなものが本当にあるならこっちが欲しいけど)わからないけど、とにかくそんなレースだ。
もうどうせなら本当にご祝儀で米一年分とか人参一年分とか付けちゃえばいいのにと無茶ぶりをしてみる。

さて妄想はそのぐらいにして、気を取り直して予想をひとつ。
ショウリュウムーン。
サダムパテックが人気だけどどうもこの馬はいまいち信用できない。
しかもこのレース、クラシックの好走馬はほぼこない…ような気がする。
サンプルがサクラメガワンダーとリーチザクラウンの2頭だけだから当てにならないような気もするけど、ときには思い込みも重要。
同じパテックと同じ4歳のダノンシャークも怖いけど、軽量牝馬の差脚に期待ということで。

スポーツニッポン賞京都金杯(GIII)の競馬予想027

《結果》

1着、マイネルラクリマ。ショウリュウムーン4着。
ダノンシャークもきたけど2着。
結局はマイル慣れした実績馬の勝利か。仕方が無い。

<追記>

マイネルラクリマはその後七夕賞、小倉記念、福島記念と順調に地方興行をまずまずの戦績で終えて再び2014年の京都金杯に1年ぶりに出走。
結果は残念ながら11着と振るわないながら、まあ無事に走っていればそのうちまたGⅢぐらいは勝てるんじゃないかというのが巷の評判筋のもっぱらの見方です。

ショウリュウムーンは繁殖上がり。
キングマンボ×ダンスインザダーク×キングカメハメハというなんだかごっつい血筋なので、なんかスマート系の種牡馬(?)をあてれば凄い馬が生まれてくるんじゃないかという勝手な妄想。
スマート系の種牡馬って自分で言ってもよくわかりません、正直。

スポーツニッポン賞京都金杯(GIII)予想-2012(マイネルラクリマ)” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。