読み込み中…

競馬を楽しむ準備はできた?

WIN5から単勝転がし、三連単までお任せ
必勝法を探してみよう!!!

福島記念(GIII)予想-2011(アドマイヤコスモス)

福島記念、さくらんぼが良く似合う重賞。
というか、あまり良くない言い方かもしれないが「のどかなドサ回り」と昔から勝手な愛称をつけている。
ここを勝っても次に向かうレースは特にないし、負けても特に問題ない(馬主や調教師的には問題でしょうが)。
なんというか気楽な公式戦という感じがいい。
昔からプレッシャーというものに人一倍弱い性質だったので余計にそう感じるのかもしれない。

さて、今回もとりあえず単勝100円予想。

ゲシュタルト。
ダービー4着、直近のオールカマーで2着。でも前走オープンのカシオペアでは5着。
前々に張り付けば早めで押し切れそうな予感。
中央4連勝中のアドマイヤコスモスが断然人気だけど、もしここを勝ったら有馬とかにでるのかな、といった感じ。福島記念から有馬って面白いかも。
とか言っててセイクリッドバレーがポンと勝つのもありか。
さてさて、どうなることやら。

とりたんの競馬イメージ横006

《結果》

1着、アドマイヤコスモス。ゲシュタルト4着。
いやー、アドマイヤコスモスが馬鹿みたいに強い、もちろんこのクラスではだけど。
久しぶりに差し返しで勝った馬を見ました。
ほんとに有馬でてくれないかな。穴で面白いと思うけど。

<2013年12月31日追記>

アドマイヤコスモスは残念なことにこの次のレース、2012年の中山金杯でレース中骨折。
結果、予後不良に。

アドマイヤコスモス予後不良…種牡馬となる前に

久々にアドマイヤの冠名で強い馬が出てきたと思っていた矢先の悲劇だけに、当時もショックが大きかったです。
母親のアドマイヤラピスはその後も順調に競走馬を送り出しているようなので、その中からまた新たな良馬が生まれてくれればアドマイヤコスモスの無念も多少は晴らされるのではないかと。
ちなみに近年のアドマイヤラピスの産駒は以下の通り。

年度 馬名 性別 父名
2012 アドマイヤラピスの2012 リンカーン
2010 アドマイヤマリリン アグネスタキオン
2009 アドマイヤラック アドマイヤムーン
2008 アドマイヤカヤージ アドマイヤジャパン

ゲシュタルトはその後も元気に走り続けていますが、2012年のAJCC(アメリカジョッキーズカップクラブ)の3着以後は着に絡む事もなく少々物足りない戦績。
マンハッタンカフェの産駒もいまいちな状況が続いているのでなんとかもう一度重賞戦線に復帰して貰いたいものです。

ちょこっとだけ言及していたセイクリッドバレーもその後はゲシュタルトと似たような成績。
名前とか走り方とか割と好きな馬なのでこちらの馬にも最後に一花(失礼!)咲かせて頂きたいものです。