フェアリーステークス 予想-2013年(クラウンロゼ)

2012年の有馬記念から始めた単・複勝馬券勝負もはや6戦目。
そしていまだに1着馬を当てていません。
最高でもジャスタウェイ(注:とかいってたジャスタウェイは2013年の秋の天皇賞馬に!)の3着という寂しいというか情けない結果。
というか複勝が当たったのもそのジャスタウェイの京都金杯のみというふがいなさ。
正直ここまでひどいスタートになるとは思っていませんでした。
前回単勝1点勝負をやったときはだいたい3レースに1回は当てていたので、今回も余裕だと思ったのですが…。
ま、あまり愚痴ばかり言ってもしょうがないので、とにかく当たるようにまじめに予想。
競馬に正面切って正座して向かい合います。

というわけで今回はフェアリーステークスの予想。
まだ始って5年しかたっていないので傾向も何もありません。
というか未だに年末のファンタジーステークス(1200m)と間違えてしまうぐらいです。
時期も近いし牝馬・馬齢限定のレースということでイメージが近いのが原因かもしれません。

過去2年の勝ち馬はトーセンベニザクラとダンスファンタジア。
どちらもその年の牝馬クラシックを彩った1頭だけど、ま、勝ち負けまでは計算できるような位置にはいなかったのもまた事実。
なんだかちょっと残念な重賞化が進んでいるようなフェアリーステークス。
ここいらで一発活躍馬が出てくれればレースの勝ちもがっと上がるのですけどね。

フェアリーステークス 予想

さてさて前置きはこれぐらいで2013年の出走馬を検証。

とりあえず目につくのは新馬-つわぶき賞を危なげないレース運びで勝ったスズノネイロ。
そして前日時点で断然人気、新馬戦を0.8秒の大差で勝ったイリュミナンス。
そのイリュミナンスの両隣枠には同じく新馬勝ちのカスティエルとクラウンロゼ。
あとは2012年の新設重賞、アルテミスSで3着のウインプリメーラ。
この5頭ぐらいか。
馬連勝負だったら間違いなくこの5頭の馬連BOXで勝負すると思います。
というか他の馬に買い目がなさすぎる。
…と書いたところで大事な馬を見落としていました。
この中で唯一の阪神JF出走馬、サンブルエミューズ。
なによりも注目は阪神JFで2番人気だったということ。
そして今回は前日時点では新馬大差勝ちのイリュミナンスが断然人気を集めているので結構おいしい配当になっています。

これはいいかもしれない。
と思ったのですが、いつもこのパターンで買って結局来るのは1番人気の馬、というのがほとんどなので思い切って
スズノネイロ!
…あれ?
なんでかこっちの名前が出て来てしまった。
ま、なんか出たとこ勝負の勢いだけで決めたけど今回はスズノネイロで。
イリュミナンスが来たら…ま、いつもの失敗パターンということで。

≪結果≫

1着クラウンロゼ。スズノネイロ8着。

まさかまさかのクラウンロゼ。
父ロサード、母父ヒシアケボノと非常に渋いというか正直ほとんど見たことのない血統。
ロサードには毎回毎回損をさせられていたけど個人的には大好きな一頭でした。
買えばよかったなぁ…でもさすがに単勝で8,000円もつく馬券は…。
スズノネイロに関しては言うことなし。
残念無念の一言。