アメリカジョッキークラブカップ 予想-2012年(ルーラーシップ)

AJCC(アメリカジョッキークラブカップ)といえばアメリカンボス。が、なぜか一番最初に浮かんでしまう。アメリカ繋がりだからという単純な理由からではもちろんない。…けしてない。そうあの、2001年の有馬の2着馬、波乱の使者、まさかの暗号馬券のせいだ。
しかしAJCCもかなり特異なレースである。レースとしての格は明らかにその、高くは無いんだけど勝ち馬は結構曲者というか、凄い。
前述のアメリカンボスを始め、究極の中山巧者のマツリダゴッホ、まさかの有馬2年連続3着のエアシェイディと有馬がらみの有名馬がぞろぞろ。
かと思えば去年の勝ち馬は圧倒のJCレコード、トーセンジョーダン。
ネヴァブションは…まあいいか。

ということで、とりあえず単勝予想。
ルーラーシップ。
ナカヤマナイトとトーセンレーヴの4歳コンビは怖いけど、先週のトゥザヴィクトリーの圧倒的なパフォーマンスをみたらルーラーシップを買わないわけにはいかない。
あとは前3年で、1着、1着、3着のネヴァブションがどんな着順になるかは気になるけど、勝ちには絡んでこないでしょう。
ルーラーシップ、ナカヤマナイト、トーセンレーヴで決まりそうな気がするけど、そこまで当たるかどうかはさてさて。

アメリカジョッキークラブカップ 035

《結果》

1着、ルーラーシップ。
先週のトゥザグローリーに続き、ルーラーシップも来ました。
そしてナカヤマナイトも2着に。
なんだか今年は日経新春杯とこのAJCCの1、2着馬4頭がGⅠ戦線で暴れそうな予感。
もちろんオルフェーヴルという絶対王者がいるんだけど。

<追記>

ルーラーシップは結局次走の日経賞を3着した後、香港に渡りクィーンエリザベスカップ(GⅠ)を勝利。
日本に帰国後は宝塚記念2着、そして天皇賞秋・ジャパンカップ・有馬記念を怒涛の3連続3着。
そしてそのまま引退してしまわれました。
ちなみに種牡馬としても大人気の模様。

【ルーラーシップ大人気】2013年 種牡馬の種付け頭数が発表【ディープ2世も人気】

ま、なんといっても母系エアグルーヴが光っていますからね。

ナカヤマナイトはその後もぼちぼちというか中山巧者という何物にも代えがたい特性を生かして、中山競馬場の重賞を中心に走り回っております。
しかしこの馬ももうちっと走ってもよさそうなものだけど、一向に走らない。
大崩れするわけでもないのでそこそこ人気になるけど馬券にはほぼ絡まない。
と見事に煮え切れない重賞生活を送っています。
今年はそろそろGⅠで一発アッと驚く走りを見せてもらいたいものです。