読み込み中…

競馬を楽しむ準備はできた?

WIN5から単勝転がし、三連単までお任せ
必勝法を探してみよう!!!

有馬記念(特別登録馬)-2012年

いよいよ暮れの大一番、2012年の競馬総決算、有馬記念ということで今週は出来るだけ更新。

今日はとりあえず現時点での登録馬と登録馬の前4走をデータでまとめてみた。

ということでアイウエオ順に今年の有馬の登録馬を並べて見た表がこれ。

馬名 斤量 性齢 /毛色 調教師名 前走 前々走 3走前 4走前
アーネストリー 57.0kg 牡7/鹿 佐々木 晶三 金鯱賞 10着 天皇賞(秋) 11着 宝塚記念 7着 鳴尾記念 5着
ウェルテクス 55.0kg 牡3/黒鹿 柴田 政人 南武特別 4着 500万下 1着 未勝利 1着 未勝利 6着
エイシンフラッシュ 57.0kg 牡5/黒鹿 藤原 英昭 ジャパンC 9着 天皇賞(秋) 1着 毎日王冠 9着 宝塚記念 6着
オウケンブルースリ 57.0kg 牡7/栗 音無 秀孝 ジャパンC 14着 アルゼンチン共和国杯 7着 京都大賞典 2着 阪神大賞典 8着
オーシャンブルー 57.0kg 牡4/鹿 池江 泰寿 金鯱賞 1着 アルゼンチン共和国杯 5着 大原S 1着 天の川S 4着
ゴールドシップ 55.0kg 牡3/芦 須貝 尚介 菊花賞 1着 神戸新聞杯 1着 東京優駿 5着 皐月賞 1着
スカイディグニティ 55.0kg 牡3/鹿 友道 康夫 菊花賞 2着 セントライト記念 2着 阿賀野川特別 6着 500万下 1着
ダイワファルコン 57.0kg 牡5/鹿 上原 博之 福島記念 1着 天皇賞(秋) 10着 オールカマー 2着 七夕賞 9着
タニノエポレット 57.0kg 牡5/鹿 村山 明 オリオンS 3着 比叡S 5着 札幌日経OP 10着 五稜郭S 11着
ダークシャドウ 57.0kg 牡5/栗 堀 宣行 ジャパンC 4着 天皇賞(秋) 4着 札幌記念 2着 ドバイDF 9着
デスペラード 57.0kg 牡4/鹿 安達 昭夫 ステイヤーズS 3着 八坂S 1着 観月橋S 6着 平城京S 11着
トゥザグローリー 57.0kg 牡5/鹿 池江 泰寿 JCダート 12着 天皇賞(秋) 18着 宝塚記念 12着 鳴尾記念 1着
トレイルブレイザー 57.0kg 牡5/鹿 池江 泰寿 BCターフ 4着 アロヨセコ 2着 目黒記念 9着 京都記念 1着
ナカヤマナイト 57.0kg 牡4/栗 二ノ宮 敬宇 天皇賞(秋) 9着 オールカマー 1着 宝塚記念 8着 鳴尾記念 4着
ネヴァブション 57.0kg 牡9/黒鹿 伊藤 正徳 ステイヤーズS 5着 天皇賞(秋) 14着 オールカマー 13着 札幌記念 12着
ビートブラック 57.0kg 牡5/青 中村 均 ジャパンC 7着 アルゼンチン共和国杯 4着 京都大賞典 取消 宝塚記念 9着
メイショウカンパク 57.0kg 牡5/黒鹿 荒川 義之 ジャパンC 15着 京都大賞典 1着 オールカマー 6着 新潟記念 11着
ルルーシュ 57.0kg 牡4/黒鹿 藤沢 和雄 アルゼンチン共和国杯 1着 オールカマー 4着 札幌日経OP 1着 巴賞 2着
ルーラーシップ 57.0kg 牡5/鹿 角居 勝彦 ジャパンC 3着 天皇賞(秋) 3着 宝塚記念 2着 クイーンE 1着
ローズキングダム 57.0kg 牡5/黒鹿 橋口 弘次郎 ジャパンC 16着 京都大賞典 6着 安田記念 13着 天皇賞(春) 15着

前走勝ちの馬は4頭。
金鯱賞勝ちのオーシャンブルー、菊花賞勝ちのゴールドシップ、福島記念勝ちのダイワファルコン、そしてアルゼンチン共和国杯勝ちのルルーシュ。
GⅠタイトルを持っているのはアーネストリー、エイシンフラッシュ、オウケンブルースリ、ゴールドシップ、ビートブラック、ルーラーシップ(海外GⅠ)、そしてローズキングダムの7頭。

やはり最右翼は前2項を唯一クリアしているゴールドシップか。
この馬が来るようだとマンハッタンカフェ以来の…と書こうとしたけど、よくよく考えると菊花賞からの有馬勝ちって去年のオルフェーヴルもだった。
ともかくありそうであまりない菊花賞勝ち馬パターン。

有馬記念(特別登録馬)-004

次にありそうなのがルーラーシップの成績いまいちの実力馬爆発パターン。
これはたとえるならシルクジャスティスかな?

あとはちょっとびっくり中山巧者勝ちだったマツリダゴッホにすこし似ているダイワファルコンも面白いけど。

不気味さといえば大逃げ得意のビートブラック。
1着は無いにせよアメリカンボスとトゥザヴィクトリーが逃げ粘った2001年の再現で2,3着は大いに狙える。
勝ち馬最右翼が今年の菊花賞馬というのも、なんだかその時とパターンが似ていてより一層意味深。

まだ出馬表も確定していないのでとりあえずこれくらいしか言えないけど、なかなかどうして難しそうな今年の有馬。

まずはゴールドシップをどこの着順に据えるか? ここから予想が始まりそうだ。