2013年9月1日(今週のWin5予想) 秋の気配が見えてきた小倉競馬場かな編

猛暑続きの先週までとは一転、小倉は雨続きです。
ま、雨も小倉の名物といえば名物なんですけど今年は夕立というよりざざぶりなのがご愛敬。
そろそろ秋の足音も聞こえだした今週のWin5、せめて半分くらいは当てたいなと思う次第であります、はい。

小倉10R 西日本スポーツ杯 1700m ダート・右
本命:エイヴィアンボス
対抗:マヤノオントロジー本命・対抗の2頭よりタマモクララとリバータイキの近走成績のシンクロニシティが気になるところです。
というかここ4戦で2着、2着、1着、1着(いずれも500万クラス)と見事なジリっぷり。
いや、2戦も1着してるから正確に言うとジリではないんですど…なんかとてもジリっぽい。
おそらくこの後も1000万クラスで掲示板をうろうろしてくれることだと思われます。
ま、まかり間違ってここで勝っちゃうということもあるかも!?

新潟10R 麒麟山特別 1800m ダート・左
本命:サクラレグナム
対抗:シルクプラズマ彦星賞か瀬波温泉特別かというわけでほとんどの馬が同じようなクラスでずっと走ってるので当然近走も似通ってくるわけで。
そんな中で化けるというか変わり身があるというか、そういう馬がいるのかというと中々難しいかなと。
というわけで今回は昇級馬に限って買い目を絞りました。
久しぶりにこの買い方するけど正直この買い方って当たんないんですよね…。
今回はどうなるか?

函館11R 丹頂S 2600m 芝・右
本命:モズ
対抗:ロードオブザリング函館で2600!? そんな馬鹿なと思わず呻きたくなるこのレース。
いやいや函館競馬場を何週するつもりだっ!?っと、かなりオーバーリアクションですが…。
イケドラゴンとかメイショウウズシオとか結構その道の玄人が集っている感のあるレースですが今回はちょっと外した感じで。

小倉11R 小倉2歳S(GIII)1200m 芝・右
本命:ウメ
対抗:ラブリープラネットほとんどの馬が1戦1勝馬という究極のレース。
そういえば昔、竹馬の友が友達に聞いたという競馬の格言を思い出しました。
いわく「新馬戦ほど簡単なレースは無い。なにしろ未来のダービー馬と未勝利馬が一緒に走ってるんだから」
…いや、その確かにそうなんですけどどの馬がダービー馬でどの馬が未勝利で終わる馬かわかっていればですね。
という嘆きまじりの突っ込みは置いといてこのレース。
とりあえず父母見比べてみたけどわかんない!ので珍名馬とLOVE馬券で締めてみました。
いやもうほんと2歳馬戦はわかりませんよ。

新潟11R 新潟記念(GIII)2000m 芝・左 外
本命:コスモネモシン
対抗:ニューダイナスティハンデの帝王、帝王のハンデ戦と勝手に名付けている新潟記念。
いやまあそんなに軽ハンデが勝ってるイメージもないんですけどね。
それにしてもまあ今回も58kgのトレイルブレイザーと51kgのブリッジクライムとその差7kg!
7kgといえばグラム100円で7000円の違いですよ!?と意味のわからない煽りを入れていますが、正直この差はデカイ。
かといって最軽ハンデのブリッジクライムを買うわけじゃないんですけどね。
人間(馬も)ほどほどが一番ですよ。

というところで。

<追記:Win5結果>

小倉10R 西日本スポ杯 新潟10R 麒麟山特別 函館11R 丹頂S 小倉11R 小倉2歳S 新潟11R 新潟記念
2番 タマモクララ 7番 タナトス 2番 サイモントルナーレ 3番 ホウライアキコ 4番 コスモネモシン
単勝 3番人気 単勝 2番人気 単勝 11番人気 単勝 2番人気 単勝 10番人気