競馬の軸馬選び方って難しいですよね

競馬は軸馬に始まって軸馬に終わる。

とは寺山修司の名言にありそうでなさそうな言葉ですが、とにかく軸馬を当てればだいたいそのレースは獲ったもも同然、それでも外すならご愁傷様といった感じなのは共感いただけるものかと思います。

ではその“軸馬”=馬券を買う上での中心馬をどう選ぶのか?

これってとっても難しいですよね?
というかこれがすべてでこれさえ当たればあとは問題なくね?? っと言い切りたくなるぐらいの重要さです。

軸馬の予想方法

ま、とはいえ難しい、分からない、必勝法なんかあるわけがない、決めきれないよこりゃ、ダメだこりゃ、といったご託というより愚痴を並べても仕方ありませんので、まずは予想の方法から。

軸馬を予想する、すなわち勝つか最低でも2着に突っ込んで来る馬を想像する。

皆皆様もこの定義でよござんすでしょうか?

というかこの定義だとすなわち買う馬券は馬連か三連単が中心になるんですよね。
馬単だとハッキリ1、2着を決めないといけないし、3連複だと3着以内に入ってくる馬をなんとなくピックアップすればいい。WIN5にいたっては2着ではダメ!という風になりますからね。

ちょっと話がそれましたが、軸馬の定義、それは「1着、もしくは最低でも2着に確実に入ってくる馬」なんですよね。この馬を予想すればいい。

競馬ぼやきイメージ020

軸馬の決め方 

じゃどうやって実際に軸馬を決めていくかというと、これはもう実績のある馬を中心に、今回はどの馬が来る確率が高いのか!? これを見極めていくしかないですよね。
その為に皆さんいろんな理論や必勝法やら選別法やらを駆使していると思うんですが、一番シンプルなのは人気=オッズに頼るという事です。

オッズとは基本的にはいくらかけたらいくらになって返ってくるという指標ですが、それ以上に人気投票の側面が強いです。
皆が今回のレースのメンツではどの馬が一番強いと思っているのか、競馬場を一週(時には二周)してゴール前前まで帰ってきた時にどの馬が先頭を走っているのか、その確率が高い馬を皆で投票で決めているのです。

これ意外と見落としがちなんですけど、確率的に言うとほとんどのレースで7番人気以降の馬が勝つことはありません。ただそれなら1番人気の馬が勝つ確率が高いかというと、まあそれは当然そうなんですけど思ったほどではないというのが実情です。
というわけでちょっとおおざっぱな言い方ですが、7番人気以内の馬がだいたい勝つ=“軸馬は7番人気までの馬から選ぶ”といえるのです。

とはいっても軸馬当てるの難しい

ま、そうはいってもその7頭の中から1頭を選ぶのはなかなかに難しいし、7番人気以降の馬、たとえば10番人気の馬とかが来ちゃうこともままあるんですけどね。
あくまでも軸馬を選ぶときに確率的に妥当な範囲は、といった一つの視点からの考え方です。
でも出走馬全頭を詳細に検討するよりは時間の短縮になるし、いいんじゃないですか?

というわけで最後にもう一度。
軸馬は7番人気以内の馬から選んでいきましょう!
というわけでお後がよろしいようで。