競馬にまつわるぼやき、をまとめてみましたよ、っと

わりと真面目な視点でいままで皆の競馬予想とか競馬にまつわる素朴な疑問とかエトセトラを解決しようと日夜サイトに拙い文章を打ち込んできたんですけど、それなりに人が集まってくるようになったところでハタと気づいたんです。

なんかこのサイト、真面目に語り過ぎて抜けているところがあるんじゃなかろうか?

競馬ぼやきイメージ013

そうなんです、本来真面目から遠く離れたちゃらんぽらんな性格の私がこんなきちんと襟を正した競馬サイト(あくまでも本人はそう思っているという点でご容赦ください)を作り続けていけるのかと。このままずっと競馬に関してお利口さんな意見やまとめばかりを載せ続けて行っていいものかと。

というわけで、今回ひとつ大きなカテゴリとして「競馬をおおいに気楽にぼやこう」という括りを作って記事を書いていこうかと。いわば箸休め的なコラムとして読んでもらいたい内容のページですね。いえ、まあぶっちゃけつまるところ自分の中にある競馬に関するぼやきなんですけどね、タイトル通り。

競馬って当てる快感もあるけど、ぼやく幸せってあるよね

そもそも競馬をやっている人が一番うれしい瞬間ってどんな時でしょう?

  • 万馬券を当てた時?
  • 1着から5着まできれいに着順を当てた時?
  • 自分が応援している馬が見事勝った時?
  • 目の前でとてつもないレースを見た時?
  • 感動的な馬と人のストーリーを目にした時?

いろいろあるとは思うんですよね。そしていろいろあっていいと思うんですよね。だってそれらすべてが集まって競馬の魅力なんですから。

で、ここでひとつこれらの中に私見ではありますが自分のうれしい瞬間、もしかしたらうんうんと同感していただける方には共感していただいて、そうでもない方にもまあそんな風に感じる人もいるよねというぐらいで認めてく、を提案したいわけで。

それは競馬に関してなにかを“ぼやいている”瞬間ってけっこう幸せなのかと。

たとえば友達といったGⅠ。二人とも大外しで終わった後にとぼとぼと競馬場から帰って行くんですけどね。その時でも、お互いになぜ外したのか、こうすれば今日のレース買えたんじゃないか、ってぼやきながらも話している瞬間って悪くないなぁと思うんですよね。もちろん二人とも当たっているのが一番いい状態ではあるんですけど。

でもそうは言ってもただでさえ当てるのが難しい馬券。そうそう当たる日ばかりじゃないですよね。
じゃあそんな外れた日は暗黒なのかというと、いやいやまてまてそうそう悪いことばかりじゃないなと。
ぼやいている時もちょっとは楽しくあり、それって幸せっていえるのではないかなぁと。

というわけで皆で共感できる「競馬のぼやき」をつらつらと書いていこうかと

必要以上に暗くならず、あくまでも落ち込まず、反省ちょっとでも惜しかったよねというような心持でぼやきを少々。
けれども一方的なぼやきになってしまうと意味がないので、あくまでも狙いとしては皆で「あーそれ分かるわかる。あるよねそういうこと」ってな感じに共感して貰えるポジティブなぼやきを作っていこうかと。
そりゃね、ただぼやくだけだったらどうしようもないんですよね。
基本はやっぱり二人とも馬券を外しまくった競馬場の帰り道に友達に話しかけるような感じで行きたいなぁと。
いやまあ、お前の愚痴なんか聞きたくないって思う人もあるでしょうが、そこはそれあらかじめ謝っておきますゴメンナサイ。

ぼやきがすこしでも明日の競馬の活力になるように

ぼやくって前向きにやっていけば結構いいものだと思うんですよね。
反省も入っているしこうしていこうという未来への決意が入っていることもありますし。
まあ大抵が愚痴や自分への慰めで終わることも多いんですが、それは出来るだけここではやらないということで。
ぼやきはここだけに収めてしまって、だからこそおおいにぼやいてまた競馬を楽しんで行きましょう!