根岸ステークス 予想-2013年(メイショウマシュウ)

前週の東海Sと並び、というか歴史から言うとこちらの方が圧倒的に古いフェブラリーSの前哨戦、根岸S。
とはいってもフェブラリーS自体が比較的新しいGⅠだし、東海Sもレース自体は結構昔からあっていたので、どちらがどうというものでもないけど。
東京のダート1400mということで、得意不得意というか長いようで短く、短いようで長いちょっと変わった印象のレースだ。

人気はカペラS2着馬のエーシンウェーズンとギャラクシーS勝ちのガンジス。
実は去年のフェブラリーS勝ちのテスタマッタがここに出走してきているんだけど、勝った時もフロック勝ちのような見方しかされてなかったし、近走成績もいまいち(帝王賞・かしわ記念3着、JBCクラシック5着)な上59kgも背負わされているのであんまり人気はない。
JBCスプリントを勝ったタイセイレジェンドも59kgを背負わされているのでいまいちだし、後は近走成績がいい馬もトウショウカズンぐらいしかいないしと、ま、前述の2頭が飛び抜けた人気になるのもやむを得ないかと。

じゃ、どっちの馬を買うかというとこれはもう若さと勢いと斤量に勝るガンジスしかないかと。
と言いたいんだけど、ここはちょと伏兵狙いでトウショウカズンで。
前走秒差なしの2着だし、去年も根岸Sは2着に来ているし、なんか本番は来なさそうなのでここで一発勝負かと。

さてさてどうなることやら。

根岸ステークス 予想

≪結果≫

1着メイショウマシュウ、トウショウカズン7着。

4コーナーほとんどどんけつだったメイショウマシュウのまさか(?)の追い込み。
ガンジスはほぼ勝てたかな?という位置でまさかの差し切られ。
そして好位から伸びなかったトウショウカズン。
フェブラリーS。メイショウマシュウ、買いにくいけど気になるちょっといやーな一頭。

<追記>

メイショウマシュウは故障などもありその後思ったように走れず。

トウショウカズンはオープンクラスでもがきにもがいております。
というかもうずぶずぶ。
どうしたんでしょう?
もっとキレ味が身上の馬だったような気がしたのですが。