読み込み中…

競馬を楽しむ準備はできた?

WIN5から単勝転がし、三連単までお任せ
必勝法を探してみよう!!!

京成杯 予想(part2)-2013年(フェイムゲーム)

雪の為、開催日変更となった京成杯。
ちなみに前回の予想は京成杯 予想(part1)-2013年
アクションスターを押していました。

で、あれから一週間たってあらためて出馬表を見てみると…ワンダーロード、クロスボウ、マイネルマエストロが気になる。
アクションスター? むーん、正直言ってラジオたんぱ杯の4着はそんなに価値がないんじゃないんだろうかと思う。
父アグネスタキオンも買い材料って書いてたけどアグネスタキオンなんて毎年何百頭と種付けしてるわけだし、全部が全部いい馬とも限らないし…。

ただワンダーロードは新馬戦大差勝ちといってもやっぱりダートというのは割引が必要だろうし、クロスボウは逆に父ゴールドアリュールってのがダート向きじゃないかと思わせるしでなんとも。
結局消去法的にマイネルマエストロに決定。
大外枠なのはとっても気になるけど、頭数も12頭しかいないしそんなに今回は気にならないんじゃないかと。

というわけで出馬投票と同じように予想もやり直してみた今回。
アクションスターからマイネルマエストロへの買い目の変更はどういった結果をもたらすのか。
楽しみのような怖いような。

さてさてどうなりますことやら。

京成杯 予想(part2)

≪結果≫

1着フェイムゲーム、2着アクションスター、マイネルマエストロ5着。

やっぱり裏目。
ま、でも結局アクションスターでもアタマは取れなかったのですが。
というかマイネルマエストロが作ったペースのせい(?)で先行馬はことごとく下位に沈み、中段に控えていたフェイムゲーム以下が残り200で突っ込んでくる展開に。
それでも5着に粘ったマエストロは結構強いかも?と思いつつ、もっと抑えて乗っていられれば…とも思うのは後の祭りか。
それにしても昨日、審議の対象になったF・ベリー騎手が今日も快勝。
なんだかちょっともやっとする結果になりました。

<追記>

同じ年に同じ重賞を同じメンバーで2回も予想するなんて初めてのことだったのでこのレースはよく覚えています。
とくに2回目は、1回目の予想をどう変えるかで非常に苦慮した思い出が。
いや、条件がほぼ同じなんで変える必要はないのですが、それでも癖というかなんというか予想するにおいてはやはりもう一度真っ白な状態から予想を立ち上げたかったりするんですよね。
しかもそうなるとこれがまた前の予想とは違った予想が立てたくなるという妙な欲目も出てくるわけで。
ま、どっちにしろ当てなきゃ意味がないんですけどね。