京成杯 予想(part1)-2013年(降雪順延)

母にシルクプリマドンナを抱くフラムドグロワールか、ビワハイジを母に持つホワイトフリートか。
もうちょっと渋めなところをあげるなら母が愛知杯勝ち(2005年)のマイネソーサリスであるマイネルストラーノか。
まともなら朝日杯4着のフラムドグロワールの押切勝ちでいいかとも思う。
ホワイトフリートも面白いのだけどさすがに未勝利から4戦ダートを使って来て芝に復帰というのはあまりいいステップとは言い難い。
それならホープフルステークス2着のマイネルストラーノの方が上位に取れる。
鞍上も去年から突然何かに目覚めたように勝ちまくっている柴田大知だし。

あとは岩田が乗るラウンドワールドもなかなか面白い。
札幌2歳ステークス2着が光るし、例年素質馬が走るラジオNIKKEI杯を使っているのも好感触。
ただこれが買えるなら、内田博幸が乗るアクションスターも当然視界に入ってくる。
ラジオNIKKEI杯ではラウンドワールドよりも上位着(4着)だったし、父アグネスタキオンも中々強力。

というわけで今回はアクションスターで。

穴狙いならマイネルストラーノも面白いのだけど、今回は正攻法で。
フラムドグロワールはなんとなく2000で勝ち負けが出来るような馬じゃない気がします。
いや、まったくのなんとなくなのであっさり勝たれてしまったりしたらしょうがないというか申し訳ないのだけど。

さてさてどうなりますか。

京成杯 予想(part1)

1/14追記

まさかまさかの雪による延期。

JRAによる1/14の中山の代替競馬の発表は「中止となった中山競馬(1月14日(祝・月))の代替競馬のお知らせ」でご確認ください。
リンク先を見るのが面倒という方には、いちおう1/21に6レースからやり直すらしいです、とお知らせ。

しかしまあ大雪で延期って、たしかアグネスタキオン・アグネスゴールドが3歳の時以来じゃないかな?
一応出馬投票もやり直すようだし予想もやり直そうかと思案中。

<さらに追記>

雪による順延というか延期をひさびさに見たなぁという感想。
そういえば降雪の恐れによる夜間発売の中止は度々あるけど雪での開催延期はほんとうに珍しい。
馬自体は寒冷地の動物なので雪ぐらいどうってことないんだろうけど、レースをするとなると危なくてしかたない。
そういえば前も雪の中レースやってて視界がほとんどとれずに、当時騎手会の会長だった河内ジョッキー(元)がJRAの職員にレース延期を申し入れていたことがあったなぁと。
日程が変わったり大変だろうけど、やっぱり馬と人の安全には変えられないですよね。