東海テレビ杯東海ステークス 予想-2013年(グレープブランデー)

フェブラリーステークスの前哨戦、といえば昔は根岸S一本やりだったのだけどさすがにそれだけではまずいということか、今年から番組表が変わって東海ステークスもフェブラリーS一ヵ月前のこの位置に開催日を変更。
距離もフェブラリーSの前哨戦にふさわしく1800mに短縮。
と2300のダートという変則レースのなんとも言えないおかしさを愛していた往年のファンにはすこし寂しい様相に。
ま、確かにフェブラリーSの前哨戦が根岸だけというのは問題があったけど、それにしても昨今のレース番組の動かし方にはどうも節操がないというか、もうちょうっと伝統というものを重視してくれてもいいんじゃないかと言いたくなるものが多いような気がする。

閑話休題。
今年の東海ステークス。
ヤマニンキングリー、ホッコータルマエ、サイレントメロディの前走2着組かハートビートソング、グランドシチーの前走勝ち切り組か。
と思ってこの5頭の馬齢をふとみると8、4、6、6、6と思った以上の高齢馬軍団。
確かに芝・ダート問わず高齢馬が多くなってきた昨今のJARレースだけど勢いがある馬のほとんどが6歳以上というレースも珍しい…と思う(きちんと調べていないからなんとも言えないけど)。

東海テレビ杯東海ステークス 予想

ここはひとつ唯一の若い力、ホッコータルマエで、と決めかけていたけど、目黒記念2着から宝塚記念を経てダートに殴りこんできたハートビートソングも気になる。
ただやっぱりいまは餅は餅屋、ダートはダート馬。
分業化と専業化が当たり前の世の流れ。
こことはJCダートでも走って実績を着実に積み上げているダートのプロ、ホッコータルマエで勝負したいと思います。
この判断が裏目にでないといいけどね。

さてさてどうなりますことやら。

≪結果≫

1着グレープブランデー、3着ホッコータルマエ。

えー、ずぶい、ずぶすぎるぞ、タルマエ!
ということで幸騎手が一瞬岩田騎手と見間違うような派手なアクションで追ってたけどジリジリとしか伸びず。
対称的にルメール騎手のグレープブラデーは矢のような伸び脚。
うーん、鞍上分というよりは馬の脚の違いかとは思うんだけど。
あれだけ走れるんなら、フェブラリーステークス、グレープブランデーを買わないわけにはいかないなぁ。

<追記>

タルマエがタルマエが沈んでいくぅぅうう。
ということで伸び切れなかったタルマエちゃん。
もうこりゃだめだと思っていたら、な、なんとこの後破竹の5連勝。
おまけにJBCクラシックも東京大賞典も制してしまい、いまや立派なダート界の帝王にお成りあそばされました。
いやーほんとびっくりです。