アメリカジョッキークラブカップ 予想-2013年(ダノンバラード)

AJCCといえば、ま、はっきり言ってどうにも締まらない立ち位置のレースといえるかもしれない。
春のGⅠの始動にはすこし早すぎるし、どうもいまいちいい馬が集まってこない。
それもそのはずでこの時期に2200m戦をやっても次がない。
はるか遠くに春の天皇賞があるけどさすがになんぼなんでもこの時期からその大目標を目ざす為のレース使いなんてことは普通行わない。
というわけでだいたいいつもこのレースは有馬記念の残り物的な馬たちが出走してきたり、万年GⅡクラスの馬がここなら取れるかもしれないという淡い期待を抱いてきたりで、なかなかカオスな顔、いや馬ぶれになることがほとんどだ。

今年のメンバーも正直、見渡してもうーんという馬が多くて、前述の有馬記念の余波で出走組としてはルルーシュが、万年GⅡクラスとしてはダノンバラード、アドマイヤラクティ、ゲシュタルト、サンテミリオン当たりが上げられる。
じゃ、しょうがないのでこの中からどれか1頭選ぶかというとそれもまた難しい。
ここまでほぼ三連勝のサトノアポロもいるし、去年の夏に函館記念・新潟記念とGⅢを連勝したトランスワープもいる。

で、一頻りどうしようかとなやんだところで結論。
今回は中穴まっとうにダノンバラードで。
いいかげんこのクラスで勝ってもいいころ合いでしょう。

さてさてどうなることやら。

アメリカジョッキークラブカップ 予想

≪結果≫

1着ダノンバラード。

えー、勝つことは勝ちました。
でも正直言って去年までの裁定基準だったら明らかに降着です。
いやというかこれぐらいやっても今年から降着にはならないんですよ、という見本のようなレース。
F・ベリー騎手、さすがにあの斜行でゴール板過ぎてガッツポーズはいかんでしょう。
裁決レポートで明らかになったベリー騎手に対する実効6日の騎乗停止が、せめてもの2着になったトランスワープ陣営の慰みかと。
しかし、ま、結果的にそのおかげでこのレースも京都牝馬Sに続き当てられたわけですが。
なんだかとても複雑な結果です。

<追記>

ダノンバラードはこの年の宝塚記念2着まではよかったんですが、その後は坂を転げ落ちるように調子を落としていってほとんどのレースで2ケタ着順。
どうしたんだバラード? やるきあんのかバラード!
という外野のうるさい野次を気にせず悠々と走っております(たぶん)。

トランスワープもその後は振るわず。
といってももう9歳のセン馬なのでしょうがないでしょうかねぇ。
もう一発ぐらい重賞でキレキレの走りを見せてもらいたいものです、はい。