読み込み中…

競馬を楽しむ準備はできた?

WIN5から単勝転がし、三連単までお任せ
必勝法を探してみよう!!!

有馬記念 予想-2012年(ゴールドシップ)

今年もやってきた暮れの祭典、紅白歌合戦…もとい有馬記念。

優等生に見えて実はおてんば娘のジェンティルドンナも、歴代の品行方正な三冠馬とはまったく違う新世代の野性味溢れる素行が魅力でもあるオルフェーヴル。
ジャパンカップの因縁のど付き合いの再現を有馬記念で期待(?)していた観衆の願いむなしく、というかこの2頭が出走しないのは残念だけどそれでもなかなか味のある面白いメンツが揃っている。

まずは優勝候補の筆頭に挙げられるのが本年2012年の二冠馬ゴールドシップ。
父ステイゴールドの最高傑作になりそうないま勢いのあるこの馬。

対抗一番手はやはりルーラーシップか。
今年は香港で悲願のGⅠ奪取をしたものの戻ってきてからの国内GⅠ3連戦は2着、3着、3着と消化不良気味。
特にエイシンフラッシュに負けた秋の天皇賞はいただけない。
オルフェーヴルとジェンティルドンナに負けた宝塚とJCは、まあ力負けの感があるから仕方ない…とか言うと悪いけど。

有馬記念 予想-

この2頭に割って入るというよりは後ろに並んで追っかけているのが、エイシンフラッシュ・トレイルブレイザー・ダークシャドウのイマイチ軍団か。
エイシンフラッシュはダービー馬だし今年の天皇賞秋を勝ったしでトレイルブレイザー・ダークシャドウ組とひとくくりにするのは申し訳ないのだけど、正直ひとくくりにしたくなるイマイチオーラが漏れまくり。
はっきりいってこの3頭のうちどれか1頭が勝つ確率は同じメンバーで10回有馬記念をやっても1回も無いぐらいだと思う。

だったらというわけではないけど前走重賞勝ちの勢いがあるオーシャンブルー・ダイワファルコン・ルルーシュの3頭か。
特にダイワファルコンは中山コース5勝2着3回の典型的な中山巧者。

あとはナイスネイチャの系譜を継ぐトゥザグローリーが今年も3着に突っ込んでこれるかどうか。
しかしまあ前走がジャパンカップといってもダートGⅠの方のジャパンカップダートだし、さすがに今年は厳しいかも?

好き勝手に書いてきたけど、これで大体役者が揃ったはずなので結論。

エイシンフラッシュ。

有馬記念 予想2-

えー、石を投げないでください(汗)
普通に買うならゴールドシップかルーラーシップ。
10回に1回も勝てないって、同じ文章内で書いてもいる。
でも敢えてエイシンフラッシュで行こうかと。

根拠は昨年の有馬と今年の秋天のイメージがよかったこと。
ルーラーシップはいつも通り届かずになりそう。とくに有馬記念ってそういうレースだし。
ゴールドシップは…正直勝つならあっさり、勝てないなら掲示板も外すタイプの馬だと思う。

とりあえず単複100円勝負。
ここから1年間の戦いの火蓋を切るレース。
外したくない。

≪結果≫

1着ゴールドシップ。エイシンフラッシュ4着。

https://www.youtube.com/watch?v=awfRto_Cpkg

というかマジで前日買いなんかするんじゃないという見本のような結果。
はっきりいって三浦皇成に乗り代わりってわかっていたら絶対買っていません。
いや三浦がどうのこうのよりもデムーロじゃない時点で買いません。
それにしては三浦良く乗ったともいえる結果。
でも…デムーロだったらせめて3着内には残っていたんじゃないのという思いも。

それはともかくゴールドシップは強かった捲り、そして大外から差し切りとまさに横綱相撲(白鳳タイプ)。
ルーラーシップは、あれだけ出遅れて普通に3着にくるのが凄いっちゃ、凄い(朝青龍タイプ)。
よくわからんオーシャンブルーの突っ込みは、日馬富士か。

有馬記念 予想3-

今年の馬券も世相馬券だった、2012年の漢字「金」で勝ったのがゴールドシップ、というもっぱらの巷の評価ですが、でも実はもうひとつ「海」という括りでも世相馬券だったかもと、終わった翌日にあらためて回想。
なにせゴールド「シップ(船)」とルーラー「シップ(船)」の間にオーシャンブルー(大洋)と、竹島・尖閣諸島の問題で「海」が話題になった今年にぴったり(?)結果。
さらにルーラーシップの馬名は「統治者の支配権」という意味もあるということで、「金」と合わせてある意味ここまで完璧な世相馬券の年も近年まれにみる結果かと。

とにかく外したという事実には変わりなく、幸先の悪いスタートに。
せめて次の阪神カップは…と言いたいところですがこれもまたデムーロ乗り代わりで北村友一君に。
なんだか本当に前途多難な今回のチャレンジ。
無事、春のGⅠシーズンまで資金が持つか心配になってきました。